フロアコーティングなどで住宅改善|らくらくハウス

Room

平均の相場

Living Room

1段落目ではフロアコーティングの平均相場について解説しており、東京での施工における平均的な費用を条件による違いを交えて解説しています。また2段落目は工夫したいポイントとして、コーティング剤選びについて説明しています。

More Detail

増えてきている

Living Room

ソファーの張り替えをする人は増加傾向にあります。価格も以前より安価になってきています。張り替えを選ぶ理由については、使い捨てではなく良い物を長く使用したい、という人が増えてきたということが一つあります

More Detail

台所の改装

Living Room

キッチンのリフォームは、普段台所で過ごす時間が長い人にとって、とても大切です。使い勝手がよく、気持ちよく料理作りやその他の作業を行えるキッチンにリフォームすることで、毎日の生活の質が大きく変わります。

More Detail

Recommend Link

  • クロス張り替え110番

    壁紙の張り替えを考えているならサイトを要チェック!利用者からの満足度も高いので安心して依頼ができます。
  • フロアコーティング比較ランキング

    フロアコーティング業者といえばジェブが評判良く、安心して任せられますよ。口コミ情報はこちらのサイトからチェックできます。

差込口を増やす

コンセントの差込口の数

Living Room

コンセントの差込口の数は、築年数によって変わってきます。新しい住宅ほど差込口が多く、築30年や40年の住宅ほど差込口の数は少ないのです。例えば、6畳間の部屋では、新築住宅は差込口は4個以上あるのが当たり前になっていますが、30年、40年前の住宅であれば2個ぐらいしかないのが普通です。さらにそれ以上古くなると差込口が1か所しかない場合もあります。 コンセントの差込口の数は、時代によって異なります。それは電気製品が普及されていた時代なのかそうでないのかによって変わってくるのです。中古住宅を購入する場合で築年数が古い住宅の場合はコンセントの差込口が少ない家であれば、コンセントの増設をする必要があります。

増設についての2つの方法

現代において、一部屋にコンセントの差込数が2個しかない場合にはとても不便です。枝分けれさしてもたこ足配線になってしまえば、火災が起こる危険性もあります。そこでコンセントを増設する必要がありますが、個人で増設させるのもある程度技術や経験がないと火災が発生してしまう危険もあります。この場合は少しお金をかけて入居前に業者に来てもらい増設するのがいいでしょう。 増設する場合は、現状のコンセントを二つに分けるという方法と、分電盤から二つに分けるという方法があります。コンセントを二つに枝分かれさせる場合は、費用は1万5千円ぐらいでできることが多いですが、電力消費の激しいホットプレートやドライヤ−を使うのは難しいのです。これに対して分電盤から線を引く場合は費用は掛かりますが、ある程度電力消費が高くても問題ありません。